« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年5月

2017年5月20日 (土)

八海山

先日コレド室町にある八海山のお店に行って来ました 酒類販売店の片隅にカウンターを設けてありそこで軽くひっかけるという感じで その昔酒屋さんの片隅に木製丸椅子が数脚置いてありそこで近所のオジサンやお爺さんがコップ酒とおしゃべりをたのしんでいる光景がありましたが ここのカウンターはそれの都会版という感じでした。

P1020328

P1020329

まずは飲み比べセット
を注文してみました 3コースありましたので全部試してみました 炭酸入りや甘口から辛口の物まであり中には梅酒もありました

P1020333

P1020330

本醸造 吟醸 純米吟醸 大吟醸 などでしたが当然のことながら大吟醸を飲んだあとには下位の物は物足りなく感じました

P1020334

P1020331

そこで口直しに金剛心を飲みました 飲み比べのグラス1杯が60mlですから10杯で合計3合+αを昼間から飲んだことになりますね 
「お天道様が空にあるうちは酒を飲んではいけない」と厳しく躾けられて育ったのですが、、、結局飲み比べコースだけでは済みませんでした
酒の肴のホタルイカの沖漬け カニみそ 鰹の酒盗 粕漬チーズ程度ではお腹も膨れず酒の勢いもあり道路反対側にあった高い建物に入ってしまいました

P1020335

やはり「○○とニワトリは高い所に、、、」の諺?どおりの結果になりました

P1020337

38階のレストランに予約なしで入ると7時までなら窓際OKということでラッキーでした 食べたものは美味しかったですが何だったか記憶にありません しかし値段が良かったことだけは覚えています

P1020336

それよりも何よりも以前に新聞で読んだことのある天空の厠を経験してきましたこんな設計ってありでしょうか

P1020339

P1020340
 
外から丸見え?で放水時あの辺りを涼しい風が吹き抜けるような気がしました 下から見上げる?人々には頭の上から雨粒がという気に、、、なるわけないでしょうが この方式は良いのやら悪いのやらわかりませんがそんな厠を楽しませていただきました

P1020341

P1020343

新橋竹葉亭の魯山人のアサガオ以来の驚きでした  
そんな郊外人の一日でした

P1020342

次は銀座8丁目にあるという久保田のお店の飲み比べコースをたのしみに行きたいと思います
               風鳴亭



|

2017年5月14日 (日)

大型連休も終わり、、、

大型連休も終ってしまいましたが皆様方はいかがお過ごしでしたでしょうか

P1020305

P1020317

これは千本松牧場の桜です本文とは関係ございません

新幹線の混雑 高速道路の渋滞などいろいろ混み合っておりました 中でも最も困るのがあそこの混雑ですね 鉄道の駅でも高速道路のSA
でも催し物会場でも行列ができますね レディーの皆様はお行儀がおよろしいのでメンに空きがあってもじっと我慢のようであります メンに空きがあったら利用しても良いという風潮が出来上がると楽ですね 
このようなはしたないことを考えるのは私だけでしょうか
そんな苦労は承知の上でわたしも近場で休日を消化してきました 
多くの方々が話題にします軽井沢とやらに行ってまいりました もちろん避暑にはまだ早くショッピングでもありません単なる社会見学です

P1020326

高速道路は当然のように渋滞しておりました 連休の高速道路ですから渋滞は覚悟しておりましたが一般道に降りてからが大変な混雑でした 
不慣れでしたので常法に従って左車線に入りましたがこれが大きな間違いでした中央車線は比較的流れていくのに左車線はトロトロとも進みません 最初のうちは「合流する車が多いんだろう」と思っていましたが30分もトロトロして「ナンダコリャー!」と中央車線に割り込んで進んでいくと渋滞の原因がわかりました 左車線はアウトレットに行く車の渋滞でした わずか1kmを走るのに30分も時間を損してしまい「アウトレットなら佐野にもあるのに!」と悪態をつきたくなってしまいました

P1020322

なんとか軽井沢町営駐車場に辿り着きました どこに行くにしても全くの不案内ですのでまずはともあれパーキング入口のトイレで一服しました

P1020320

その後はブラブラと流して歩きました 土産物屋やら古着屋やら食器屋やら雑多のお店が並んでたくさんの人々が行き交っておりました

P1020321
 
この雰囲気は何かどこかで見たような気がするな~と思ったら 小江戸川越の街並みとどっこいどっこいのような「観光地」でした 

P1020323

私が勝手にそのように感じただけですが 通人に言わせるとそれはほんとの軽井沢を知らないからで別荘地まで足を延ばしたら「さすがーっ!」と軽井沢の本性?が判るはずだとのことでした そうかもしれない そうで無ければ人々が軽井沢へ軽井沢へとなびくわけがないでしょうね 失礼いたしました

P1020325

昼飯にいやいやここですからランチと言いましょう ランチにアンチョビなんとかというパスタを注文しましたが「お前これがアンチョビ入れた味かっ!アホッ!」と言いたくなるような一品でした(軽井沢ですから?そのような下品な発言は致しませんでしたが)

P1020324

帰りにFOUNDRYでアップルパイを買おうかなと思いましたが行列ができていましたし、、、値段的には同等ですが多人数で分けられるフルーツケーキを選択し帰路につきました 
帰りはスイスイで2時間で自宅に届きました 余りの快適さに見つかれば当然叱られそうな私らしくない運転をしてしまいました

ここで一節 ♪「連休に軽井沢に行く阿保行かぬ阿保同じ阿保なら、、、」♪でした

                    風鳴亭




|

« 2017年4月 | トップページ | 2017年7月 »