« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月 2日 (火)

丸の内エノテカ

5月最終日曜日 午後は仕事お休みの為久しぶりに都会の空気を吸いに出かけました 上野東京ラインとやらに乗って上野駅に降りアメ横にブラッと入ってみました

Photo
 
相変わらずの喧騒で生活臭と体臭が匂ってきそうな庶民の逞しさを感じました時折電車の中から見えていたお寺さんに行ってみました

Photo_2

大徳寺と言うのだそうですが電車から見た限りでは二木の菓子さんのお社のようにしか見えませんでしたが日蓮さんをお祀りしてあるようですね

Photo_3
 
ご利益を期待して賽銭をあげようと思い100円玉を捜しましたが たまたま財布に500円玉しかなくてそれを投げ入れてきました 後ろにいた若い二人連れも「両替所は無いかな?」なんて会話をしていましたが庶民は思うところは同じなんですね 安心しました

1

アメ横の中にこんな店がありましたカントリー好き人間としましては何か協力したくなり地味なバックルを一つ購入しました 
テンガロンハットも試してみましたがサイズが合わず、、、でも買わないで良かったと思いました あれを被ってどこに行くの?

2

その近くにモデルガンとナイフの店がありましてチョットのぞいてみましたがまるで本物のような質感で銃刀法で規制がかかるような代物を誰が買うのだろうかと考えながら昔懐かしのジャックナイフスタイルの櫛を見つけました ジャックナイフって何ですか?なんていわれそうですね

Photo_4

御徒町駅の近くで見つけた招福大明神ですがここの宝くじ売り場も賑わっていました 有楽町チャンスセンターよりは並びやすいかもしれませんがあたる確率はどうなんでしょう

2_2

そんな大衆的街を後にして御徒町から東京駅に移動しました 赤レンガ駅舎を背にして丸の内仲通りへまっしぐら、、、でもありませんが「丸の内」の雰囲気を味わいながらブラブラと

1_2
 
右に新丸ビル左に丸ビル真ん中を皇居に向かう何とか通り 丸ビルの裏側が仲通りですが東京駅から見れば裏側ですが皇居側になりますのでこれを
裏と言ったら「不経済?」になるかも  まそんなことはどうでもよいことですが、、、

1_3

この通りはコンクリート舗装ではなくて全面敷石の上に車道より広い歩道があり街路樹が茂り街燈には鉢植えの花が吊るされておりまさに「異国」 
これは上野の裏通りの異国情緒とは全く別物であり通りの両側にはブランドショップも並んでおります 

Photo_5

さぞかし店賃も高かろうなどと下衆は勘ぐってしまいますがこのような「ゆとり」の場所で「ゆとり」の営業が続けられる雰囲気はうらやましい限りであります それなりに大変な努力をなさっていることとは思いますがワレワレ庶民の為にもここの情景を大切にして頂きたいと願っています たまの休みにはお邪魔して丸の内仲通りの空気と雰囲気を一杯吸い込み味わってみたいからです、、、

1_4

馬具屋さんの
エルメスのお店です 鞍や鞭は置いてなかったが携帯用カイバ桶や馬のぬいぐるみが置いてありました ヒヤカシに入りましたが出るに出られずお猪口を買う羽目になってしまいました 綺麗な一品で毎晩活躍しています このお猪口で飲む酒は二級酒が一級酒並みの味になります(嘘ですがそのような気分にしてくれます)

Photo_6

トゥミーは私もポーチを持っています長年使いなじんでいますが手垢で汚れてしまい新しいものを買おうかどうしようかと迷っています 防弾チョッキに使用されているというトゥミーの生地の肌触りが男っぽくて大好きでしたが最近少し変化したようですね

Photo_7

歴代米国大統領御用たしと言われるブルックスブラーザースにもたまにヒヤカシに入ることがありますが趣味的に若干ずれがありますのでたまに小物を買う程度です 生意気言って申し訳ありません

Photo_8

ジョエルロブションの店もありました 恵比寿のロブションのレストランはスワロフスキーを店中にちりばめてありなかなかのレストランだそうですね そういえば恵比寿ビールの跡地が非日常の空間になっているようですね こちらのロブションはレストランの営業ではないようですがおいしそうなパンが外から眺められました

Photo_9

このメガネ屋さんにも
ヒヤカシに入ってみましたが行きつけの近所のメガネ屋さんとは違って高級そのものでした 鼈甲のメガネや18金製のメガネやなんやらありました鼈甲メガネは掛け心地が肌に優しい感じがしました もちろん18金のメガネも掛けさせて頂きました それはそれはリッチになった感じでしたが決して成金的では無い上品さがありました 言ってはなんですがとても私に似合いましたでもでも、、、あとは言いませんがご想像ください

1_5

ここが本日お目当ての、、、お目当てなどと言ったら失礼かもしれませんチョット所用があってここを訪問しました ワイン専門店のエノテカ丸の内店です 数千円から数十万円の物まで取り揃えてありソムリエバッジを光らせた店員さんが丁寧に説明してくれます

5
 
店の奥には今買ったワインを飲めるブースもあり女性の過剰な接待はありませんが適正価格で安心してお召し上がりになれます
ワインの勉強をするには最適だと思います 蛇足ですが居心地はとても良いのですが帰宅時間はお忘れなく

1_6

いえいえ私はここの常連でも何でもありませんほとんど一見さんに近い存在ですが友人へのワインのプレゼントの相談に訪ねてみただけです
そんなこんなで時間が潰れ暗くなってきました暗くなった東京駅周辺のビル群は都会の象徴のような姿で私に迫ってきました 
2_3

1_7

2_4

3

駅構内でほとんど売り切れの中から何とか残り物を見つけてお弁当を買って帰路につきました
本日もお疲れ様でした多少の都会疲れはしましたがやめられません 都会の空気にはそれなりの良さがありますね もちろん美味しいのは空の青さと木々の緑をたっぷり含んだ田舎の空気に決まっています 
どこの誰だか判らない人間が今吐いた空気をまた吸わされるような猥雑な街はノーサンキューだが丸の内仲通り辺りは私にも空気的には受け入れることができそうでした 
もっともあちらで私を受け入れてくれるのかどうかは不明です

                   風鳴亭 

|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »