« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月30日 (月)

春爛漫

いよいよ春ですね
我が家の枝垂桜も満開です とは申しましても狭い駐車場ですので大きく枝を伸ばしておくわけにはいかず毎年枝を切り落としてしまいますのでショボイ枝垂桜になってしまっています
Photo

「桜切るバカ梅切らぬバカ」と言われますがまさしくその通りのバカを実践しています そんな我が家にも春がやってきました
Photo_3

いえいえ別にお目出度いことが起きたわけではありません いつもの通り春は差別なく等しく万人に
 でその一人が私であっただけのことですが、、、
Photo_4

鉢植えの山椒も芽吹き間もなく揚羽蝶の幼虫の餌になることでしょう彼らの食欲は旺盛で「私の分も少し残しておいてくれよ」と言いたくなるほどよく食べ枝ばかりになった頃蛹になりましてあとはじっと羽化を待っています 彼らは山椒や柑橘系など香りの強い葉を好むようですが幼虫の姿とその嗜好性にはチョット、、ですね
Photo_8
Photo_9
Photo_10

こんな花々も満開に咲いて賑わっております
いつもの春がいつものようにやってきたようですこのまま平和な季節の繰り返しが末永く続くことを願いたいです これは室内の鉢植えのゴムの木の新芽ですこんなところにも春がやってきました
Photo_11

先日衰弱したコミミズクが保護されてきました どこにも外傷は認められませんでしたのでビタミン強化肉などを強制的に与え続けたところだんだん元気になり飛翔能力も回復しましたので早く「駕籠の鳥」から解放するために東部環境事務所に依頼し野に放して頂きました
Photo_12
 
保護された野生の鳥類を再び自然に返すことができる例はそう多くはありませんのでこのように放鳥に成功しますと正直なところ大変うれしくなります
さまざまな事情で自然に返せない野生の鳥類はボランティアなどの協力をお願いすべきでいつまでも長々と動物病院に囲っておくのもいかがなものでしょうか不必要に経費が嵩むだけだと思います
やはり春って良いですね 大きな蝶ちょと小さな蝶ちょが、、、、、楽しそうですね
                    風鳴亭

|

2015年3月27日 (金)

狂犬病予防注射の季節です

梅の花も散り桜の便りがあちこちから聞こえてきます 温かくなりましたと言っても北国ではまだまだ寒いことと思います

Photo

今年も間もなく各地で一斉に犬の集合狂犬病予防注射が始まります 
長い間日本では狂犬病の発生が無いので予防注射は必要ないのではないかという意見もありますが油断大敵です 国内では撲滅したはずの口
蹄疫という伝染病が何年か前に宮崎県で発生し多くの家畜を殺さなければならなかった事はまだ皆様の記憶に残っていることと思います

Photo_2

動物の命を助ける事を使命とする獣医さんが動物を殺さなければならなかった時の気持ちや感染の可能性だけで元気な家畜を殺処分し手放さなければならなかった農家の皆さんの気持ちを考えると胸が詰まってきます

Photo_3

この日本に無かったはずの口蹄疫という伝染病の宮崎への侵入経路はいまだに明らかになっておりませんが 狂犬病に関しましても同じことが言えます これだけ国際物流が盛んな時代ですからいつどこからどのようにして狂犬病が日本に侵入するかわかりません 
狂犬病の予防注射をして犬たちに免疫をつけておくことが狂犬病の流行を防ぎヒトを狂犬病から守るためのもっとも良い手立てだと思います

Photo_4

お住まいの自治体の狂犬病予防注射のお知らせをご覧になりお近くの会場にお連れください 連れていらっしゃる際には必ず犬をコントロールできる方にお連れ頂くと人も犬も安全に短時間で注射を済ますことができますのでよろしくお願い致します
以前は警察力まで動員して長い間、国や県市町村そして獣医師会が強力に狂犬病予防注射を推進してきた結果が今の安全な社会なのです この平穏な生活を守るために是非狂犬病の予防注射を受けて頂きたいと思います

                      風鳴亭

|

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »