« 美しい厄介者 | トップページ | 集合狂犬病予防注射が始まります »

2012年3月 2日 (金)

いがまんじゅう

3月になってしまいました というより漸く3月になりました

229

春だと思うだけで少し温かくなるような気がします

先日大型犬がおしっこの色が少し変わったということで連れられて来ました

被毛の色艶も良く 元気も食欲も普通だとのことで検便でも寄生虫の卵は見えず血液検査では白血球数16200 赤血球数607万 ヘマトクリット値41.8%で生化学検査でも特別な異常値は出ませんでした 当然体温や呼吸数や心拍数なども正常です

(健康じゃーないか 一体何なんだ?)と内心思いつつも念のために血液の染色検査をしてみました

まさか!!!

Photo_2

バベシア症でした

赤血球に原虫が寄生し赤血球を破壊して発熱や貧血などを引き起こし死に至る事も多い病気です

重症例では赤血球数が350万とか400万台に減少し粘膜が貧血色となり元気も無くなってしまいます そして何より特徴的な症状はオレンジ色のおしっこが出ることです これはたまねぎ中毒の場合のような葡萄酒色とは明らかに違います

今まで何例かバベシア症を経験してきましたが今回のように 外観的にも血液学的にも殆んど変化が無い段階で飼い主が尿の変化に気づいて来院した例は初めてです

「○○さんあなたはこんな微妙な変化に気付くとはすばらしい観察力を持っていますね あなたに飼われる犬は幸せです あなたはすばらしい飼い主です」

お客様へのリップサービスのつもりは無く正直にそのように感じましたのでそのままを申し上げました

翌日「いがまんじゅう」がお土産に届きました なんだか拡大した赤血球像に似てない事も無いが知る人ぞ知る埼玉銘菓(北東部限定)です

シロガネーゼは絶対に手を出さないであろうボリュームです

あんこたっぷりの薄皮饅頭をお赤飯で包んでゴマをまぶした、、、

それはそれは美味しい逸品です

Photo_3

ぼた餅のもち米をあんこで包むのを逆にしてあんこをもち米で包んだものを連想していただければ当たらずとも遠からずです

こんなに美味しいものに内心よだれを垂らしながらも手を出さないシロガネーゼは可哀想ですね?

                    風鳴亭

|

« 美しい厄介者 | トップページ | 集合狂犬病予防注射が始まります »