« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年1月

2012年1月14日 (土)

美しい厄介者

白鳥が旅立ちました 環境事務所の職員の方に連れられて安住の地に向かって行きました

すっかり元気になりだいぶ看護婦さんに馴れてきていましたがまさか私の所で飼育することも出来ませんし かといってやたらな場所に放鳥もできません

結局県の環境事務所にお願いすることになりました

Photo

比較的近くにおお白鳥の越冬地があることはあるのですがそこは地元にとりましては大事な観光資源です そんな場所にコブハクチョウなど放されて荒らされては一大事です

そのほかに白鳥の生息していない沼は近くにいくつかありますがいずれも住宅地に近くそんなところに放したら付近の住民の方々がビックリしてしまいます

霞ヶ浦まで行けばコブハクチョウが集団で生息しているとのことですがここでも蓮根などの食害が発生しているとか、、、

環境事務所の職員の方にあちこちと放鳥場所を探していただいてようやく適当と思われる場所を見つけ出すことができました

ただ気がかりなのは放鳥前に飛翔能力を検査する事ができなかったことです レントゲンなどの検査では明らかな骨折はありませんでしたのでおそらく広い水面では飛ぶ事が可能でしょうが元気でいて欲しいものです

                    風鳴亭

|

2012年1月10日 (火)

仕事始め

先日 ここでご紹介しましたチョウゲンボウを目出度く放鳥できましたので報告いたします

天気の良い昼頃保護された場所の近くの沼の畔で放鳥しました

1

輸送籠の扉を開けると勢い良く低空飛行で飛び出し間もなく急上昇で青空に舞って行きました

かなりの高度に達してから 縄張りの確認をしているのか看護婦さんとの別れを惜しんでいるのか判りませんが長い時間ホバーリングしていました

Photo

やがて北北西?の方向に向かって見えなくなりました

今回の放鳥成功例は防鳥網に絡んでから発見保護されるまで短時間であったことが良かったのだと思います このような「嬉しい症例」ならば歓迎です

このコノハズクのように衰弱落鳥して民家の玄関先で保護されたような症例では目立った外傷も無いのに手を尽くしても助ける事ができない事が多く可哀想で残念な思いだけが残ります

Photo_2

嬉しかったり寂しかったりの仕事始めでした

                  風鳴亭

|

2012年1月 5日 (木)

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします

Photo

世間では百薬の長とも言いますので

今年もほどほどに嗜んでいこうと思います

沖縄の古老が黒糖が良いと言うので習ってみました

年末ジャンボでカウンタックを買う予定でしたが見事にハズレで当たらぬ確率99.999%は大当たりです 

宝くじへの過剰な期待は止めてほどほどに楽しむ事にしようと思います

ところで下一桁の300円はスカでしょうかそれとも当たりでしょうか 胴元に言わせれば当たりでしょうが私にはどうしてもスカとしか思えません

般若湯を飲むほどに酔うほどに 当たりだ!スカだ!とこの辺の事が気になり始めます

ほどほどに、、、

Photo

間もなく旅立ち予定の長元坊です

梨畑の防鳥ネットに絡まって保護されてお正月を私の所で過ごしました

すっかり元気になり餌をねだる様になり看護婦さん達の人気者ですがこれ以上ここに置いては野生に戻れなくなりそうです 急ぎましょう

本年も倍旧のお引き立てをよろしくお願い申し上げます                     

                   風鳴亭

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年3月 »