« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

白鳥の湖

先日白鳥が保護されて来ました 県の環境事務所の職員の方が休日にも係らずわざわざ運んできてくれました

動物公園の方が出勤途中にうずくまっている白鳥を発見し県庁に連絡し環境事務所の職員が収容に向かいましたが弱った白鳥=鳥インフルエンザの恐れがありましたので家畜保健所の獣医さんも休日に呼び出して鳥インフルエンザの検査をしたのだそうです

鳥インフルエンザでない事がはっきりしてから当院に運び込まれてきました

両目に若干の充血はありましたが体表には特に目立った外傷は無くなんとか自力で起立は出来ました 歩き回るほどの元気はありませんでしたが両翼も広げてやると普通に伸びました

Photo

念の為おなかのレントゲン写真を撮りました 散弾やその他の異物は見つかりませんでしたが食渣の影も見当たりませんでした 検便でも寄生虫はみつかりませんでした

Photo_2

空腹による行き倒れ?かも知れないと判断し ケージに収容し保温と安静とビタミン入り強制給餌を試みた結果数日後には元気が出始めました

それまでおとなしくされるがままであったのに元気が回復するにつれて強気になり人を威嚇するようになりました その声は凶暴猫が人を威嚇する時のあのシャーシャーにそっくりでした

元気になり餌も沢山食べるようになりましたので外のリハビリ小屋に3人がかりで移動しました 一人が首を押さえもう一人が羽を押さえるように胴体を抱え もう一人はドアの開閉です

Photo_3  

あまり沢山たべるので心配になり適正な給餌量を動物園に問い合わせましたところ水鳥用の浮く餌を「どんぶり2杯」相当やっているとのことでした 当院ではそのような高級な餌の準備はありませんので適当に青菜を刻み込んだ物を「どんぶり2杯」相当量をやるようにしましたがきれいに平らげてしまいます

Photo_4

元気になったのは嬉しいことですがそろそろ放鳥場所の心配をしています

Photo_5

コブハクチョウは縄張り意識が強く在来の水鳥を追い払ってしまう事があるのだそうでやたらに放すと生態系を乱すことに成りそうで鴨や鷺の場合とは少し事情が違うようです 人間を威嚇するあの勢いからそれは容易に想像できます

これからは名作「白鳥の湖」を鑑賞する際に少し視点を変えなければならないかもしれません

               風鳴亭

|

2011年12月14日 (水)

創業百年カフェ

先日テレビでカウンタックやランボルギーニの集団自爆のニュースを見ました

子供達のプラモが壊れて放ってあるかのごとく粉々になったプラスチック部品が散乱していました あのような高級車を運転している人たちは事故直前まではさぞ気 分が良かった事でしょう

ハイウエイで突然後ろから現れて甲高いエンジン音を残してあっという間に赤や黄色の集団が去ってゆく

ざまあ味噌漬(味噌漉しは古くて知らない方も居るとの指摘で味噌漬けに訂正しました)と思わないでもないが一方であの小気味良いエンジン音を羨ましくも思う

そんな訳でまたまた悪い虫が疼きはじめ私も少しまとまった小遣いが欲しくなり年末ジャンボを買うことにしました

どこで買っても当たらない確率99.999%と混じりけ無しでどこかの音響ケーブルのようですが どうせ買うなら当たりくじの出た回数が多い場所の方が夢をもてるかも知れないと思い西銀座チャンスセンターに行ってみた

売り上げ枚数が多ければ当たり券も多く出るのは裏操作無しなら当たり前ですがここで買っても自分に当たらない確率は同じく99.999%である

にも関わらずこの行列はなんなんだ!

寒ぞらに1時間以上も並び当たらぬ?くじを買うためにじっと待つこの気力

競艇場や競輪場にゾロゾロと歩んで行く集団とは多少眼光が違ってはいましたが 恐れ入りました

くじ運の強い人は何が何でも当てるぞという気迫が違うのだそうで 私も恥ずかしながらまとまった小遣い欲しさにそんな野心?を持ってはるばる電車を乗り継いで銀座まで来ましたがさすがにこの行列に並ぶ勇気が出ず有楽町の改札口を出てすぐの所の売り場に戻って買いました

売り場のお姉さんに「3億円当たったら100万円あげるから名前教えて」と言ったらウッフンと笑顔が返ってきただけでした 1000万円あげるからと言ったら教えてくれたかな、、、アッホ

結局初期の目的は果たせませんでしたので銀座をブラブラして時間を費やしました

当然見てるだけーでしたがかなり歩いてもう少し歩くと新橋かなぐらいの所で疲れたので一休みしようと喫茶店に入りました これが大当たりでした

Photo

ちょっと大袈裟ですが1年の運を此処で使い果たしたかのような気分になりました

たまたま入ったお店が「銀ブラ」語源の店 カフェパウリスタでした むかし菊池寛 芥川龍之介 佐藤春夫 獅子文六らが通ったカフェーだとか ジョンレノンとオノヨーコも通っていたとか 

Photo_2

そしてこのカフェパウリスタの創業百周年記念の品を頂いてしまったのです

家庭のソファーのようなチョット低めのふかふかな椅子でゆったりと薫り立つコーシー?を啜ると著名人の仲間に成れた様な気が、、、成れないか、、、残念

珈琲豆を購入されるお客様も沢山いらっしゃるようで店内に豆を挽くいい香りが漂ってきました 生意気を言うようですが珈琲を淹れる味わいは豆を挽く時のあの良い香りの段階で半分完了のようなつもりでおりますので 豆を購入されるお客様方の味わいの半分を横取りしているような気分になりました

はるばる電車を乗り継いで宝くじを買いに行き創業百周年記念のカフェパウリスタの「銀ブラ証明書」もありがたく頂いてまいりました 偶然でしたがラッキーな1日でした

Photo_3

宝くじの当選発表までこの運が落ちないように銀座のイルミネーションの点灯も待たずまっすぐに帰宅しました

                  風鳴亭 

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »