« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月25日 (火)

白鷺の放鳥

台風15号の強風に煽られて左翼を骨折し保護収容された白鷺を無事自然界に帰す事ができました

餌の活きドジョウの確保の苦労から解放されヤレヤレというところでしょうか

Photo

100gで650円という値段はさておいて看護士さんにお店に行って買ってきてもらっていたのですが魚屋の店員さんとは「ドジョウ娘」としてすっかり馴染みになってしまいました

どこかにドジョウ総理というのがあったが「ドジョウ娘」では縁談に差し障りがあるかもしれない

Photo_3 

レジのお姉さんには「どんな風に調理して食べるの?」と聞かれるし 別な日にはレジのオバサンにドジョウの入ったビニール袋をさしだしたら驚いて「キャーッ!」

元気になった白鷺はリハビリ小屋で一晩に70gものドジョウを食べ尽くすし、、、

鴨や鳩などと違って白鷺はとにかく餌の確保が大変でした

Photo_5 

沼の近くの水田に放したら一心に小魚を追いかけていました たらふく食べたら好きなところに飛んで行きなさい

台風の時には物陰にじっと潜み風の過ぎ去るのを待って このような大怪我は二度としないようにと言い聞かせたつもりですが判ったのか判らないのか判らない

|

2011年10月11日 (火)

白鷺のリハビリ

9月21日の台風の被害はいかがでしたか

被害にあわれた皆様方にお見舞い申し上げます

幸いにしてこちらは大した被害は発生しませんでしたが強風に煽られてか白鷺が2羽骨折で保護収容されてきました1羽は右脚開放骨折で他の1羽は左翼開放骨折でした

脚を骨折した鳥は患部の皮膚の損傷が激しくかなり衰弱していましたが麻酔をして骨に金属を入れワイヤーで締結する手術を実施したところ両脚で起立が可能となりましたが術後3日で残念ながら死亡してしまいました

翼を骨折した鳥の方も同様に麻酔し細い金属を骨に入れワイヤーで締結し皮膚を縫合しました 

術後は順調でしたが餌の確保に苦労しています あちこち電話をかけ活ドジョウを取り扱っている魚屋さんをようやく見つけましたがこのお店でも常に在庫があるわけではありません

その後しばらくケージ内で安静にし本日めでたくリハビリ小屋に移動できました

小屋に放すとすぐに大きく羽ばたいて舞い上がり梅の木にとまり次に柿の木に移動できました

2

大きく翼を広げています 手術は大成功かな?

1

梅の木にとまっています

3_2

次に柿の木に移動しました 患部が少し黒っぽく見えます

後はしばらくここでリハビリをして野に放そうと思っています

それにしても水鳥の餌の確保は厄介です 早く飛び去って欲しいものです

余談になりますがこの柿の木にはこんな虫がついていました

1_2

イラガという蛾の幼虫です 別名デンキムシとも言うようでこれに触れると激しく痛みます かなり激しい痛みです 私も経験しましたが痛みと共に全身に鳥肌が立ちました

先日もヨークシャーテリアがこれを踏んづけて飛び上がり100m走って動けなくなって担ぎ込まれました 命に別状ありませんでしたが相当痛かったようです

皆様もご注意下さい

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »