« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月 3日 (水)

シラコバト

昨年8月に左翼を骨折して飛べず保護されたシラコバトが里親さんに引き取られる事になりました。

里親さんありがとう、そして里親さんをご紹介頂いたNさんに感謝いたします。

当方の手落ちから中央に申請すべきを東部に申請してしまい遅くなりましたことお詫びいたします。

治療とリハビリにも関わらず当初の予想通り飛翔機能が回復せず自然界への復帰は無理でした。胸を大きく膨らませて、ホーッホーーッ(グーッ)と啼く声が部屋中に響き皆様に「あれ何ですか」と問われました。ちなみにグーッとは息を吸うときの音です。書物にはクーックーッと啼くと書いてありましたがどう聞いてもホーッでした。

コバトン君のご当地でも案外本物を見た方は少なく「これがそうですか」と感心される方が沢山いらっしゃいました。薄いクリーム色で首筋に黒いラインがあり目がとても優しく小柄でなんともかわいらしく「平和の使者」そのものです。

2

半年間一緒に居ましたら里子に出すのが寂しい気もしますが、プロはそれではいけませんね。里親さんどうぞよろしく御願いいたします。餌は市販されている「鳩の餌」や「野鳥の餌」を喜んで食べます、トウモロコシの粒は大きすぎてダメですが残した物を駐車場に撒いてやると当院のリハビリ小屋から巣立ったキジバトやドバトが食べに来ますから無駄にはなりません。

リハビリ小屋にはまだカラスが居ります。どなたか里親ご希望の方がいらっしゃいましたらどうぞ、、、但し朝からガーガー啼いてうるさいのと餌は肉しか受け付けないのとかなり臭いのが我慢できる方に限定です。

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »