« 三倉かな かな? | トップページ | ウエスティー無事帰還 »

2009年4月 3日 (金)

4月、集合狂犬病予防注射の季節

Photo

4月になり各地で集合狂犬病予防注射が実施されます。県内では比較的飼育頭数の多い地域の川口、草加、所沢、幸手、鴻巣、さいたま市などではすでに始まっています。屋外の仕事なので天候が一番気になります。会場には沢山の犬達が集まってきます。犬も様々ならば飼い主も様々で、退屈しないと言うより緊張を強いられる仕事です。

日本では1950年に狂犬病予防法が施行されて、その後の関係者の努力により現在は地球上で数少ない狂犬病清浄国となりました。厚生省資料によりますと世界ではいまだに毎年55000人もが狂犬病で亡くなっています。

昨今の旺盛な国際物流をみますと外国からの狂犬病の侵入の可能性を常に警戒しておく必要があると思います。ヒトの狂犬病は殆んどが犬に因る咬傷事故により感染しています。犬を狂犬病から守る事はすなわちヒトの狂犬病感染を防ぐ事でもあります。

生後91日齢以上の犬は狂犬病の予防注射と登録が義務付けられています。予防注射を受けて健康に毎日を過ごしましょう。市町村の指定する会場に連れて行けない場合には動物病院で予防注射を受けましょう。

                                        (風鳴亭)

|

« 三倉かな かな? | トップページ | ウエスティー無事帰還 »