« ゆずからの便り | トップページ | チャチャ君です »

2008年11月21日 (金)

ハナとの会話

ハナ 「ねえ センセ ここから早く出してくださいな」

院長 「もうしばらくご辛抱下さい あなたは大怪我をされたんですよ」

「ええ 看護婦さんに聞きました 腿の骨が10ピースのパズル状態だったとか」

「そうですよ まだまだ安静にしてませんと 治らないかもしれませんよ」

「骨折は手術後の安静がもっとも大切なんですよ まぁ獣医の腕前もありますが」

「センセは大丈夫?」

「ご安心下さいパーフェクトです なんてね」

「自画自賛なの?」    (コラ サイトー)

「ま とにかくごゆっくりどうぞ」

「早くここを出て 美味しいものでも食べたいのよ」

「ミシュランの三ツ星ですか」

「二ツ星程度でもいいのよ とにかく猫缶とドライには飽きたの」

「止めときなさいよ 数多ある食い物処のすべてを調査したと思いますか」

「そうね ミシュランの調査能力にだって限界があるわね」

「ヴィトンの観光案内と同じで趣味の読書には良いかもしれませんが」

「それに、、、」

「なんですの それに、、、って」

「それに、それ以上太ったらどうします」   (言っちゃった)

看護婦さん 「先生 ハナちゃんは男の子ですよ!」

院長  「あっ そうだ 去勢手術を忘れてた」

|

« ゆずからの便り | トップページ | チャチャ君です »