トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月23日 (木)

こちらいそがし動物病院

「八木先生」に関して書かれた児童書で

垣内磯子著、マツバラリエ絵による作品です

面白く読ませていただきました。

子供たちに夢を持たせる楽しさがありました。

私の初心がそこに描かれているようで

一気に読み終えました。  

というほどのページ数ではありませんが。

作者がどこのどなたかは存じ上げません。

ですが、何となく身近に存在するような

気になりました。

それほど私の気分と合致する作品でした。

もっとも、いつまでもこんな気分でいますと

昨今のこの業界では取り残されてしまいます。

それでも良い!

それでも私は子供たちに夢を売る商売で

あり続けたいと思います。  

      風酩酊  訂正  風鳴亭

|

2008年10月16日 (木)

たまの休日

たまの休日、何かを書こうと考えてみたが、

この良い天気に心は外ばかり向き、文章に

集中できない。下手な考え休むに似たり

とも言う、エーイとばかりに考えることを放棄し、

ヒトッパシリ。

爽やかな秋の風を胸いっぱいに受け、、、

の予定だったが、股ぐらのエンジンが

その期待を台無しにしてくれた。

もう少し寒くなってからが快適なのかも知れない。

で、文章の構想はまだできていない。

熱くて疲れてなんの足しにもならない走行であった。

また地球温暖化に加担してしまった。

当面する人類最大の敵は地球温暖化だ

とも言われているのに、これに加担するのは

テロリストに手を貸すより犯罪的である。

犬と散歩でもするほうが正義で健全である

かもしれない。これからはそうしようと思う。

そうだ、犬の散歩は正義なのだ!

落し物を放置したままの正義の使者も

無いではないが、、、

反省して次はもう少しまともな文章を書きたい

と思うが出来るかどうか、、、     風鳴亭

12_6

|

2008年10月 2日 (木)

2008年10月 吉日

猫も杓子もすなるブログとやらに手を染めることに

成ってしまいました。

あまり心地よい感触ではありませんでした。

慣れると快感に変化するのでしょうか。

小学生の頃から日記など書いた事も無く、

他人様にお見せできる文章を

書き上げるのは難儀な事です。

自分の考えだけを書くならばなんとか

ならないこともないとは思うのですが、

どなた様かのブログのように読者を

引き付けて離さず、

悦楽の極致にいざなうような文章を綴る才能は、

残念ながら私には備わっておりません。

ネットに溢れる情報も、若干頭脳明晰さに

ける身には浜の真砂の如くで、

その価値も利用法も理解できずにおります。

顔も見えず、声も聴こえず、

男か女かも判らぬままに為される

文字の洪水より、つばが掛かるような

相対での会話の方がヒトの気配を感じて

良いかなとも思う。

般若湯があれば更に言う事なしです。

虚構が富を生む時代ですから、

虚像との会話にならない文字のやり取りが

あっても宜しいのでしょう。

裸足で大地を踏みしめて、

燦々と注ぐ陽光と緑の風を体に受け

ゆるりと寄り道でもしながら生きて

行く事にしようと思います。

躓いたら神様仏様が救いの御手を

差し伸べて下さるはず、たぶん。

私のような不信心な者でも、

心の広い神様仏様に必ず助けて

いただけるものと勝手に思い込んでいます。

とりあえず言葉整いませんが、初対面の

ご挨拶とさせていただき

ます。よろしく御願い致します。

お手柔らかにお付き合いの程を、、、

                       風鳴亭々主 敬白

11

|

トップページ | 2008年11月 »