連休の診療予定

世の中が新型コロナ肺炎の大流行で大騒ぎになっていますが皆様方に於かれましては無事にお過ごしでしょうか
外出を避け、密閉、密集、密接を避け手洗いをしマスクを付け感染予防に努力をなさっていることとは思いますが目に見えない相手との戦いですから困難を極めます ご注意下さい
例年ですとこの時期には各地で集団で犬の狂犬病予防注射が実施されていますが今年はコロナ感染予防の為本県でもほとんどの市町村が集合狂犬病注射を「中止」しております 
我が獣医師会では集合注射の実施の体制をしっかりと整えて出番を待っていましたが「緊急事態宣言」によりその準備がほとんど無駄になり内部で混乱しております 
世界大戦にも匹敵するほどの混乱と言われる状況ですからしかたがありませんがこの混乱が短時日で解消されるはずがないことは素人目にも明らかです
小生は第二次世界大戦の社会の混乱を実体験したわけでもないし 大本営発表や憲兵や戒厳令なども書物でしか知り得ないのですが大変不自由な生活だったようであります 
「欲しがりません勝つまでは!」この標語はお国の為に国民は犠牲になれという意味でしょうが コロナ肺炎に関しての自粛は自分自身の安全の為でもあり周囲の安全の為でもあることですから「出たがりません収まるまでは!」と受け入れることにしたいと思います
我が業界は休業要請の範疇から外れましたので遅くなりましたが連休中の診療の案内をさせて頂きます

5月1日(金)  通常診療

5月2日(土)  通常診療

  ・5月3日(日)  休診
  ・5月4日(月)  休診
  ・5月5日(火)  休診

5月6日(水)  午前診療 午後休診

以上の予定になっております 5月3日から5日まで全日休診とさせていただきます
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願い致します
           風鳴亭

|

2020年4月13日 (月)

もう4月です

こんな文章を書き始めたのは3月でしたが、、、

早いものですね もう3月も終わりに近づいてきました梅の花やこぶしの花は散り桜が満開に近くなりました 
世界中が新型コロナウイルス肺炎騒ぎで大変な事になっていますが
遂に財務省の公文書改ざんに関連し自死された職員の方の遺書が公開されましたね文春の発売日には朝寝坊の私が朝一番にコンビニに買いに行きました涙無くしては読めないものでした お役人らしく几帳面に細かく正確な文章で改ざんを押し付けられた職員の方の無念さ口惜しさが溢れ鳥肌の立つ思いでした亡くなられたご本人もそうであったでしょうが奥様もさぞかし悔しい思いでずっと耐えてこられたものと思います
単純な私が仮にこの奥様の立場に置かれたら佐川や安倍や麻生に刃物で迫ったに違いない
ここまで下書きを終えていたのですがその後筆が進まず(作家気分?)
4月も半ばになってしまい文春砲も第4弾が
発射されました(敵もさる者 コロナ肺炎騒ぎを隠れ蓑に逃亡を続けています)
遂に当県でも緊急事態措置の追加が発令されました、命令や法律ではないからお願いの形ではありますが大幅な行動制限を伴う自粛要請であります コロナウイルスの蔓延状況から仕方がないことであり不要不急の外出を避け余計な買い溜めはせず、、、「慎み深く温厚で従順な本来の日本人に戻りましょう」なーんてね
政治の中枢があの体たらくで憲法も法律も適当に都合よく解釈してやりたい放題(でもないが)好き勝手をやっておりますから素直な国民の多くは自粛要請など無視したって構わないと考えてもしょうがないことですね

自分が自粛することが自分自身だけでなく親兄弟や周囲の人達の生命を守ることでもあることを理解し行動してほしいのですが「今だけ、金だけ、自分だけ」の世情ですから周囲や社会の事を慮ることは「ダサくて無用」なことなのかもしれません
まっそんなわけで4月の日曜日を自宅で過ごそうかとも思いましたがお花見さえ自粛していましたので溜まるものが溜まってしまいストレス発散も兼ねて奥日光までドライブしてきました

2420

東北道は車は少なく非常に快適でした 山の木々も少し若葉色が見えてきているようで急ぐ旅でもありませんでしたのでのんびりと左端車線を法定速度内でトロトロ?走っていますと猛烈なスピードで追い越し車線を走っていく人たちが気の毒に思えました急ぎの用事でもあるのでしょうか もっとのんびりしたら長生きできますよ たぶん

2460 
 
そんな東北道から日光道に入りました 宇都宮辺りは桜は散っていましたが少し北上するとまだ桜がたくさんきれいに咲いていました ようやくお花見ができたような気になりましたそういえば何年か前にもこの辺りのお花見を経験したような記憶があります 

2470

登りいろは坂の上の方には林の中にまだ雪が残っていました 
明智平は濃霧で視界がよくありませんでした
そこから少し走りトンネル潜って中禅寺湖に降りたら日差しがあったりしました この辺りはまだ木々の芽吹きが目立ちませんでした

24100
 
照ったり曇ったりの中禅寺湖畔を走って戦場が原まで行ってみました 

24120

残念ながら男体山は雲を冠っておりましたが真冬の景色の広い原っぱを眺めてきました
 
24130
 
駐車場にも車は少なく私を含めて5台くらいでした お土産物屋さんに入りましたが客は私一人で何か買わずには帰れそうもない雰囲気を感じ言い訳程度に多少の物を買い求めました
 帰路もほとんど同じでとにかく車が少なくマイペースでの運転ができ快適なトロトロ走りでした(サンデードライバーのノロノロ運転ではありません!)
途中龍頭の滝によりましたが此処も滝見物をしているのは私と外人女性が一人だけでした ゆっくりと長い石段を上まで登り切り見物してきました 木々が茂り全景を写真に収めることはできませんでしたが長い急斜面を流れ下る様は一見の価値ありですね

24210

24220
 
帰りのいろは坂ものんびりと、、、ミラーに遠くの後続車が映ったら脇に避けて待ち道を譲りました(偉いでしょ!いつもは「オラッ!オラッ!」の私でもやれば出来るんですよ)
まっ自粛要請もなんのその そんなドライブをやらかしてしまいましたがどうせ自宅に籠ったって酒飲むしかすることが無いんだから人影の極めて少ない観光地へのドライブは
精神的肉体的に極めて健康的な一日であったと自己評価しています
もっとも戒厳令下では銃殺に値する非国民的行動だとの解釈も成り立たないこともないが、、、 

              風鳴亭

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2020年1月 6日 (月)

日本の夜明け

2019年も終わり2020年の新春を迎え 今年こそ!と気持ちを新たにしようと思いましたが、、、
皆様にとりまして平成+令和の一年は良い一年でしたか
昨年の初詣は川崎大師様に行って天下国家に思いを馳せて天下泰平五穀豊穣をお願いしてきましたが
自然災害は多発するし内閣はあのザマだし ということでご利益が有ったのか無かったのか、、、
自分に大過なかったことでチャラにしておきましょう 神様仏様大師様に感謝感謝です
今年はどちらの神様にお願いに伺ったら良いのかな 八百万の神々が座します瑞穂の国日本では新年の願い事をするにも
神様の選択に悩みますが神様を選んではいけませんねどちらの神様も皆を等しくご加護下さるはずですから
もっとも三権分立の意味も知らない権力者や日本語も達者で無いその取り巻きに支配されて「今だけ、金だけ、自分だけ」(新聞ネタ)の世相ですから神様もこの衆生にはあきれているのではないでしょうか 
そんな衆生だからこそ神様どうぞ御手をかざしお導き下さい お賽銭を倍増致しますので
と言ったら銭金の問題ではない!とお叱りを受けるかもしれませんね

209_20200106194101

 昔、与謝野晶子が「軽はずみで、移り気な国」「めでたく、うら安く、万々歳の国」とパリから本邦に戻った時に感想を述べたそうだが現代にも通じるような気がします 仮に彼女が昨今のテレビ放送を見たとしたらより一層強くそのことを感じたに違いない!民放の娯楽化 国営放送の政府広報局化が極端に進んでいるが、世界中で放送を国家が管理しているのは北朝鮮・中国・ロシア・そして日本だけだそうである いよいよ日本も独裁国家に仲間入りか 
批判精神を忘れたメディアは唄を忘れたカナリア以下の存在でしょう カナリアなら唄わずとも餌を啄み羽ばたく仕草だけでも人の気持ちが和むが 国営放送の紅白ではね、、、

Photo_20200106194401

飲むほどに酔うほどに 今年も罵詈雑言 悪態の集大成となってしまいました 
そろそろ「ほどほどに飲む」という事を覚えても良さそうな歳なんですが未だに成長しきれずいつまでも青春真っ盛りの青二才の境地です これを若造りと言うのでしょうかね 
今年は近場の氷川神社に初詣に行ってまいりました 神様には天下泰平国家安泰五穀豊穣無病息災商売繁盛家庭円満子孫繁栄恋愛成就などを皆様方の為にお願いしておきましたのできっと今年は良い年になることと思います これだけたくさんの願い事ですから当然お賽銭もそれなりに、、、
あけましておめでとうございます 今年もお付き合いの程をどうぞよろしくお願い申し上げます
           風鳴亭

  

|

2019年12月13日 (金)

もうじき楽しいXmas

2019年も残りわずかとなり今年も年末年始のお休みのご案内をさせて頂く時期になってしまいました
皆様方にとりましては今年も良い年であったことと思います 当院にとりましては平凡な一年でありましたが秀優良可不可の五段階評価(古っ!甲乙丙丁戊ほどではないが)すると可であったと自分的には思っています

年末年始の診療予定

 12月29日(日) 午前診療 ★午後休診

 12月30日(月) 午前診療  ★午後休診

 ★12月31日(火) 休診日

 ★1月1日(元旦)  休診日

 ★1月2日(木)    休診日

 ★1月3日(金)     休診日 

 1月4日(土) 午前診療   ★午後休診

 1月5日(日) 午前診療   ★午後休診

 

以上のような予定でお休みを頂きます ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します 

6_20191213105001

さて、お正月休みの前に楽しいXmasがありますね そのほかに楽しい忘年会も重なることでしょう

2_20191218102401

忘年会と言えば「今夜は無礼講だ!」との幹事の言葉を真に受けて大失敗をした経験がありました 私にもそんな初心な頃もありました
仏教国の日本に「Xmas」の習慣が定着したのはいつごろからでしょう 習慣と言っても教会に行ってイエス様に祈りをささげるわけでもなく、、、靴下ぶら下げ プレゼントを用意して ケーキを囲み 酒飲んで(シャンパンかな)、、、メリークリスマス! 

Photo_20191213105001

おめでたいことですね 何はともあれ人生を楽しく過ごすことが出来ることはまことに喜ばしいことであります
おおいに盛り上がりましょう 桜を見る会のように!

         風鳴亭

 

 

|

2019年12月 2日 (月)

放鳥成功

だいぶ冷え込んでまいりました 
もう文化と芸術の秋も終わりでしょうか 速いものですねあっという間は大げさですが「
あいう」?という間に一年が終わってしまいそうです 今年の秋は芸術にも触れず文化の香りも嗅がず終わってしまいましたが皆様方の秋はいかがでしたか 食欲の秋を大いにお楽しみになられましたか そのようなわけで退屈な何もない空虚な時を過ごしております
 
永田町界隈ではさくらが満開で賑やかなようですね 森友や加計に始まったことでもなくそれ以前からあったことでしょうが世間が気づかず騒がなかっただけでしょう またこの桜祭りもシュレッダーやあれやこれやの手を尽くし世間やマスコミが忘れてくれるのを待っているようですね あっそうか、、、マスコミ幹部は総理と親しくお茶などしておりすでに骨抜きかもしれない
秋の夜長に手酌ではありますがついつい飲むほどに酔うほどに、、、でした

3_20191202181601

保護しておりましたカンムリカイツブリが無事自然界に戻れましたのでご報告いたします  環境事務所の助言により近所の大きめの川に放鳥してきました 

5 

元気よく翼をバタつかせたり水中に潜ったりしながら川の流れに身を任せ?ゆっくりと川下に下って行きました

4_20191202181701

保護された野生の鳥を再び自然界に戻すことが出来る確率は極めて低く多くがボランティアの方々のお世話になることになります カンムリカイツブリを無事放鳥できて喜んでいるところに翼の骨折でボランティアにお世話になっていた小型猛禽類のツミがイタチと思われる動物にかみ殺されてしまったという知らせが届きました    残念です
           風鳴亭

|

2019年11月21日 (木)

カンムリカイツブリ

足の形(弁足)、羽形、嘴などから冬羽のカンムリカイツブリと思われる中型の水鳥がカラスに虐められていたとういうことで隣町の小学校から保護されてきました
頸部に銃創ではないとは思うがそれ風
の傷がありまして弱っていましたが翼や脚に骨折はありませんでした
麻酔をかけて傷を消毒縫合しケージに収容してあります

2_20191121191901

かなり凶暴な鳥で弱っているのにバシバシ嘴でつついてきます 
丈夫な作業用皮手袋を使って抑えてドジョウを強制給餌していましたら徐々に元気が出てきてやがて水槽の中のドジョウを自分から食べるようになりました 今では餌を催促するような雰囲気もあります
縫合した頸の傷も治ったようでそろそろ放鳥できるだろうということで保護された地域を管轄する環境事務所に放鳥場所に関して相談を入れたところ適切な助言はありませんでした
仕方なく当地を管轄する環境事務所に電話し助言を頂きました 
比較的珍しい鳥ではありますがあまりに凶暴で可愛さに欠ける為スタッフから「早く放鳥せよ!」と口撃?されていますし近々大きめの川にでも放す予定にしています

           風鳴亭

|

2019年9月20日 (金)

秋ですね

199152
秋ですね なんて暢気なことを言っている場合ではありません 
本県でも遂に豚コレラが発生してしまいました この伝染病は人間には感染しませんが伝染力が強い病気で養豚業者の間では恐れられていた病気です ですが有効なワクチンによりほぼ完全に予防ができる伝染病です
政府は「清浄国」の肩書を失いたくないばっかりに十万頭以上の豚の命と養豚業者の生活を犠牲にしています
「清浄国」の肩書が無いと豚肉の輸出が出来なくなるという事ですが、、、養豚業者の衛生管理が徹底していないから感染を防ぎきれないのだと言わんばかりの農水省の言い分にはあきれてしまいますし野生イノシシにワクチン混入餌をばら撒いて感染拡大を防ぐのだそうですがどの程度の効果があるものやら、、、

ここまで書いて中断していたら農水省がワクチン実施の方針を決定したとのニュースが入ってきました
遅い!遅すぎる!なぜもっと早くに実施を決定できなかったんだ なぜ?なぜ?なぜ?
「非清浄国となると豚肉の輸出が出来なくなる」たったそれだけの理由で十万頭以上の豚の命を奪い養豚家の生活を奪ったのか
対外メンツと経済効率最優先の行政では「忖度」はあっても現場の不安や苦しみに配慮を期待する事は叶わぬ夢でしょう
取り敢えず遅きに失した感はありますが農水がワクチン接種を言い出したことは一つの安心材料で これで今後の発生を完全に防御できることを願いたいですね
26_20190920110201
                風鳴亭

|

2019年7月27日 (土)

夏季休暇のお知らせ

2019年も半分以上が過ぎ去り余すところ5か月になろうとしています
全国的にほとんどの地域で梅雨明けとなりましたがこの夏も猛暑になるのでしょうか
さて当院では今年も8月お盆の時期を夏季休暇とさせていただきたいと思います

8月11日(日)定休日

8月12日(月)午前診療午後休診

8月13日(火)臨時休診

8月14日(水)臨時休診

8月15日(木)臨時休診

上記の日程でお休みとさせていただきます。ご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。
            八木動物病院 院長

18786

皆様方に於かれましては海に、山に、そのほかに、とたくさんのご予定があるものと思いますが「ヤケド」をしない程度に頑張って多くの思い出を残してください。長い長い夏休みも過ぎ去ってみればアッという間ですからね(余計なお世話でしたね、失礼いたしました)
人生もそんなものですかね、酒飲んで浮かれている間にお迎えが、、、。最近酒精性脳障害のためか徴兵制度の夢を見ましたがホルムズ海峡波静かに願いたいですね
                 風鳴亭
        

|

2019年7月12日 (金)

チョウゲンボウの独り立ち

かなり前に隣町から保護されてきたチョウゲンボウが独り立ちの準備のために鷹匠さんの所の寄宿生?として引っ越して行きました
公園に落ちていたとかで保護され連れてこられた時にはまだ産毛が残っている状態でしたが特に目立つ外傷は無く「巣こぼれ」と判断されました
ケージに収容しスタッフに餌遣りを任せました
 最初は無理やり口の中に肉など押し込むような形でしたが次第に自分から食べるようになり間もなくおねだりをするようになりました
ケージ内での飼育は翼や尾羽がボロボロに傷つき飛翔に支障を来たしますので早々にリハビリ小屋に移動させ様子を見たところ完全に飛ぶ能力があることが確認できました
しばらくの間は比較的細かく切ったものをあげていましたが獲物を足でつかんで嘴で引きちぎることも教えなければならないので餌を徐々に大きなものにしていきました
餌を小屋に持っていくとすぐさま高所から飛んできて餌の肉を鷲づかみ?にしてまた高所に移動し食いちぎって食べる逞しい猛禽類の姿を見せるようになりました
体格も成鳥並みとなり間もなく放鳥の適期だろうと思われますが自分で餌を捕まえて食べることを覚えなければ自然界では
生きていけません

P1030256

さてどうしたものか
以前にオオタカなどお願いした先生から「尻尾や羽の付いた餌でならせばいいんですよ だから餌用にネズミの繁殖でもしたらいいじゃないですか」と助言を頂きましたが、、、
冷凍ネズミや冷凍ウズラなども餌用に売られていますが、、、
いやです!できません!やりません!
とスタッフ一同から猛反発を食らいまして結局環境事務所に頼み込んで訓練のための寄宿先を紹介して頂きそこに訓練をお願いすることになりました
早速連れに来ていただきました鷹匠さんのおかげでスタッフ一同に笑顔が戻りました 一安心ですありがとうございました
              風鳴亭 

 

 

|

2019年6月 9日 (日)

令和元年三社祭

年号が変わって最初の三社祭に行って楽しんで来ました と言っても仕事の都合で最終日のみでしたので祭の一部を楽しんできたというべきでしょう それでも大満足の一日でした やはりお祭は楽しいですね

40

三社とはその昔隅田川から引き揚げられた観音菩薩を祀って
浅草寺を建てその後分離して浅草神社を建てて関係した三人を祀ったのだそうでそれで三社というのだそうですね(間違っていたらごめんなさい)

56

初日はお囃子屋台や鳶頭の木遣り、芸妓連の踊りなどの「大行列」
二日目には44町の氏子から百基の神輿が浅草神社境内に集まる「町内神輿連合渡御」
三日目には本社神輿三基が早朝宮出し44町を練り歩き日没に宮入する「本社神輿各町渡御」が行われるそうですが もう少し時間に余裕が持てる身分になったら三日間ぶっ通しで三社祭を楽しみたいと思います

55

浅草ですからお祭りでなくともいつも大勢の人々が訪れているのでしょうがここでもやはり東洋系外国人がたくさんいました お客様あっての観光地ですからあまりアーだコーだと言うのもなんですが、、、まあそんなことは脇に置いておきましょう

53

51

49

神輿を眺めながら町中をぶらぶらして仲見世で人形焼きを「実演販売」しているお店でこれをスタッフへのお土産に買い 新仲見世で雪駄なるものを自分用に買いました(これは履いてみてわかったが「土産用」の安物でした)次に雪駄を買う時はちゃんとした履物屋さんで本格的な皮底の物を買うぞ!

10_1

7_1

27_1

28_1

さらにぶらぶらしていたら電気ブランの神谷バーなどがありました

31_1

昼時になり予約してあった駒形鰻前川に行きました ここは坂東太郎を提供するという事でしたので以前から来てみたかったお店です 

37_2

地元の鰻屋では坂東太郎はたまに入荷するがすぐに売り切れとなりなかなか食する機会がありませんでしたが鰻前川では常時坂東太郎のみ提供しているそうです 
ちなみにメニューには天然鰻時価とありましたが現在取り扱いは無いそうです

33

38

34_1

静かな座敷から隅田川を往来する観光船など眺めながら食べた坂東太郎のうな重は格別美味しく感じましたそして今まではうな重の「たれの味」を楽しんでいたのではなかったかと反省しました
こんな所で心地よい川風に吹かれながら時間を潰せたら長生きできそうな気がします お店にとっては長居されては客の回転が悪く大迷惑な事でしょうが、、、

15

17

3_2

鰻前川は隅田川の花火大会の特等席だそうで常連さんは前年の花火大会の時に次の予約を入れるのだそうですが当面私はテレビで楽しむことにします 理由は多忙の為という事にしておきましょう
お腹も満たされて本日は〇〇と鶏はやらずに真面目に?午後は早めに郊外列車に乗り込みご帰還遊ばしました 当然一等車で?小旅行気分を味わいながら、、、
             風鳴亭


|

«神田祭